木質耐震シェルターを作るときに活用したい制度


木質耐震シェルターは、東京都の耐震ポータルサイトでも
紹介されている、すぐれた耐震性を期待できるシェルターです。

木造家屋の1階部分に設置するため
改築など大幅な工事を行う必要がありません

また、施工業者によっては、破格の料金で行ってもらえるので
人気を集めています。

このシェルターをぜひ我が家でも導入してみたい、という方は
さまざまなシェルターを検討する前に、チェックしておくべき
ことがあります。

それは、助成金です。

東京都内18の自治体では、こうした耐震シェルターを設置する
高齢者や障害者世帯に対して、一定の助成金を交付しています。

スポンサードリンク

例えば、新宿区の場合、耐震シェルターに対して最大で45万円。
耐震ベッドについては、最大で35万円までの補助を
行っています。

これには「昭和56年5月31日以前に着工した木造の2階建て」や
「共同住宅や店舗など併用住宅」といった一定の条件が
必要となります。

それでも、一定額の補助が出る上、耐震シェルターを
導入できるのであれば、高齢者でも安心して日々の生活を
送ることができますね。

東日本大震災の影響で、日本各地で地震が頻繁に起きていることからも、こうした制度を導入する自治体は今後も増えていきそうです。


posted by 耐震グッズ at | シェルターで地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。