球体状の耐震シェルターを購入した人の感想とは?


耐震シェルターの中でも球体状のものとして
テレビなどで取り上げられたのが「ノア」。

記憶に新しい東日本大震災で、亡くなった人の多くが
津波にのみこまれたという結果を踏まえ、
こうした教訓を今後に生かすために、開発された
球体状の耐震シェルターです。

発売当初は二人乗りのタイプだけでしたが
今では四人乗りのタイプも発売されているので
四人家族のご家庭でも、検討しやすくなりました。

耐震シェルターで、なおかつ球体のかたちをしているので
家屋が倒壊した場合でも、また津波が押し寄せてきても
ノアに入っていれば安心です。

外部は巨大なボールのような丸い形

スポンサードリンク

取ってが4箇所あるので、大人が3〜4人がかりでもちあげれば
移動することもできます。

空気口が2ヵ所あり、直径18センチののぞき窓もついています。

購入価格は約50万円近いため、検討する時間は必要ですが
すでに購入した人がいるので、購入した感想について
ご紹介しましょう。

「一階の和室に置いてあります。いつもいつもノアの中に
入っているわけではありませんが、いざというときに
必要なものは一部中に入れてあります」(60代男性)

「意外にコンパクトなので、引越しのときに便利だろうなと
思います。人間だけでなく犬2匹も一緒に入れる大きさなので
大きな安心を買えたという気持ちでいっぱいです」(50代女性)




posted by 耐震グッズ at | シェルターで地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。