三重県産の木を使った耐震シェルターに注目


三重県産の木を使った耐震シェルターが、2つの点で注目を
集めています。

1つは、三重県産の木を利用しているという点。

もう1つは、地震から身を守るための新しい方法としての
耐震シェルターという点です。

三重県産の木を使った耐震シェルターは、衰退しつつあった
三重県の林業の活性化につながるとして期待を集めています。

三重県の木を使ってできた耐震シェルターとは
どのようなものなのか、気になりますよね。
ちょっと、ご紹介していきましょう。

そのメリットは、2〜3日という短期間で完成することが
できるという点です。

さらに、家の内部にあらたに造るため
家を取り壊して一から作りなおすといった手間や費用が
かかりません。

スポンサードリンク

大きさは6畳の部屋にすっぽり収まるサイズで
シングルベッド2台と、要介護者を介護するためのスペースが
確保されています。

床張りを標準仕様とし、箱型にすることでその構造自体の
強度も高めることに成功しました。

気になるお値段ですが、54万8000円で
三重県の耐震シェルターを自宅に設置することができます。

費用がちょっと・・・という方には
助成金を申請する方法もあります。

この助成金を受けるためには、現在の住宅の耐震基準が
規定されている基準以下であるなど
一定の条件が必要となります。

それでもより費用を抑えることができるので
こうした助成金の申請も一度確認してみると良いでしょう。



posted by 耐震グッズ at | シェルターで地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。