木製耐震シェルターは本当に安全なのか?


木製耐震シェルターといえば、大きな地震から身を守る手段として
さまざまなメーカーから登場しています。

木製耐震シェルターというと、もちろん木材で出来ていますが
地震が来たとき、本当に壊れずにわたしたちを守ってくれるので
しょうか?

木製耐震シェルターの1つに、三重県産の木材を使った
「三重の木」があります。

文字通り、三重県でとれた木材を使った耐震シェルターで
すでにある住宅の中に取り付けるタイプなので
住宅を取り壊したりする必要がありません。

工期も2〜3日で済んでしまうので
あっという間に設置が完了してしまいます。

スポンサードリンク

そのほかにも、一条工務店が販売している
木製耐震シェルターも、工期がわずか2日間ですむことや
価格も25万円とほかのシェルターに比べて
比較的費用を抑えることができるため、人気です。

もちろん、安全性も実大実験などで確認済みなので
木で出来ていても、その安全性は確保されています。

また、どちらのシェルターも各自治体がもうけている
助成金の対象シェルターとなっています。

どちらも数十万する商品なので
設置をどうしようか迷ってしまうかもしれませんね。

でも、助成金が出れば自身の負担も少なくて済む上
耐震シェルターを導入できるのであれば
検討してみる余地はありそうですね。


posted by 耐震グッズ at | シェルターで地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。