耐震グッズで本棚を倒れないようにする方法


耐震グッズはいろんな種類のものが販売されていますが
本棚の転倒などを地震から守るための方法があれば
実践してみたいですよね。

もちろん、耐震グッズ本棚の転倒を防ぐ方法はあります。

その1つが、発砲スチロールで隙間を埋める方法です。

通常の本棚の場合、本棚と天井の高さがある程度あいているので
あれば、突っ張り棒などを使うと効果があります。

しかし、最近では部屋の壁一面に本棚を設置するスタイルが
人気のため、突っ張り棒では入らない隙間が生まれているのです。

スポンサードリンク

とくにIKEAなどで販売されている本棚などは
おしゃれで、その雰囲気を壊したくないですよね。

では、発砲スチロールをどのように使うのでしょうか?

数センチの隙間には発砲スチロールブロックを使います。

1個数百円で購入することができます。
このブロックを隙間の暑さに応じてカットしていきます。

そのブロックを数センチの隙間に並べていきます。

数センチの隙間に入れるのであまり目立たないですし
ブロックの断面が模様のようになるので
逆にセンス良く設置することができます。

発砲スチロールを隙間にはさむ際に
ぴったりよりも、少しきついぐらいのほうが耐震性が高まるので
いいそうです。


posted by 耐震グッズ at | 使える地震対策商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。