ピアノ用の耐震マットってあるの?


耐震マットは、さまざまなメディアで紹介され人気ですが
ピアノ用のマットを実は探している、という声をよく聞きます。

ピアノは他の家具と同様、重量もかなりあるので
地震が来たときに、それが凶器となる可能性だってあります。

耐震マットのようにピアノを地震から守る便利なツールは
あるのでしょうか?

「もちろん、あります♪」

「耐震マット」「ピアノ」などで検索するとよくヒットするのが
ピアノの足の下に敷くタイプのものです。

確かに、このタイプのものでも耐震性はあると思いますが
もっとしっかりしたものがあるんです。

それが「プロセブン ピアノストッパー」とよばれるものです。

続きを読む
posted by 耐震グッズ at | マットで揺れ軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こだまの耐震マットは高い?


こだまの耐震マットは、効果があるということでテレビなどで
沢山取り上げられている商品ですよね。

こだまの耐震マットを我が家でも購入するために、ためしにネットで調べてみました。

「え?結構高い・・・」

こだまの耐震マットって、思っていた以上にお値段が高いことが
判明。

ちなみに、32インチ型のテレビ用に購入を検討した
「プロセブンマット」(4枚入り)は、2,330円の定価でした。

ホームセンターとかにある商品をイメージして
1000円前後であるかなと考えていた我が家としては
ちょっとびっくり。

続きを読む
posted by 耐震グッズ at | マットで揺れ軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震マットを選ぶなら、こだまさんが作ったプロセブン♪


耐震マットを探している方に、すでに使っているユーザーとして
おすすめするのが、こだまさんが作った商品です。

耐震マットは我が家でも使っていて、こだまさんが作った
商品のよさをすごく実感しています。

耐震マットはこだまさんが作った「プロセブン」以外にも
いろんなメーカーから販売されています。

形状や見た目はどれも同じようなものばかりなので
ついつい値段の安いものに目がいきがちですが
ことに、地震についてはやっぱりきちんとしたものを
購入したほうがいいという結論に、我が家では至りました。

我が家で購入したのは、「プロセブン」のシリーズの
テレビ転倒防止マットです。

昔の箱型のテレビと違って、今のテレビは薄型だけど
その分横幅も広いので、倒れてきたら結構大変です。

続きを読む
posted by 耐震グッズ at | マットで揺れ軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオマス耐震マットを我が家でも試してみました


バイオマス耐震マットがすごいのは、なんといっても
「震度7クラスの地震が来ても、家具が飛ばない」ということ。

バイオマス耐震マットというけれど、マットといっても
バスマットのように大きいものではありません。

バイオマス耐震マットの大きさはさまざまありますが
小さいもので30ミリ角のマットを家具の四方に設置するだけ
その驚きの効果を発揮します。

東北の地震をきっかけに、埼玉の我が家でも耐震を考えるように
なり、テレビなどでも多く取り上げられているこのマットを
購入してみました。

購入したのはテレビ用の転倒防止マット。
テレビ用のマットはインチごとに販売されていて
購入したのは32〜37インチ用のタイプです。
中にマットが4枚入っています。

続きを読む
posted by 耐震グッズ at | マットで揺れ軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢の扉で一躍注目を集めた”耐震マット”


「夢の扉」というテレビ番組で一躍注目を集めた「耐震マット
があります。

夢の扉で紹介されていた耐震マットは、震度7までの地震に
耐えることができるため、ご家庭や病院、工場などさまざまな
ところで今では利用されている商品です。

夢の扉で注目された耐震マットを開発したのが、
小玉誠三さんという男性。

1995年におきた阪神・淡路大震災の経験をいかし
このマットの開発をスタートさせたそう。

当時の耐震グッズは今ほどバリエーションに富んでいなかった
ため、結局自分自身で作りはじめたため
その道のりは遠く険しいものだったよう。

そうした苦労の末、完成したのが耐震マット。
さまざまな検査をした上で、日本初の「震度7に耐えられる
耐震マット」として、販売されています。

続きを読む
posted by 耐震グッズ at | マットで揺れ軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。